USBキー ePass2003 USBトークン【暗号 2010年問題対応製品】

オンライン取引や情報通信全般におけるパーソナル・セキュリティ・デバイス

  • 証明書
  • メモリス:スマートカード
  • 認証方式:PIN(暗証番号)

USBキー[ePass2003 USBトークン]は、高速スマートカード・チップを搭載した製品で、通常スマートカードとカードリーダーのセットで実現される機能を本体一つで実現することができます。

次世代アルゴリズムのオンボード対応でセキュリティ強化

オンボードでRSA2048bit、AES256bit、SHA-2などのアルゴリズムを搭載。『暗号2010年問題』で危惧されているアルゴリズムの次世代アルゴリズムに対応し、暗号強度の対策をePass2003 USBトークン内部のチップで処理することができます。そのため秘密鍵・公開鍵ペアの生成や、認証、署名処理はオンボードで高速で行い、最高レベルのセキュリティを確保します。

対応アルゴリズム
  公開鍵暗号   RSA1024/2048bit
  共通鍵暗号   AES128/192/256bit、DES/3DES
  ハッシュ関数 SHA-1/SHA-2

利用者はWindows7以降であればePass2003 USBトークンを挿すだけで利用可能

Windows7以降の環境であればePass2003 USBトークンはデバイスドライバCCID、ミドルウェアMicrosoft Minidriverが自動でインストールされ、すぐに使用することができます。※Windowsの自動アップデート機能を事前設定する必要があります。
WindowsVista/Server2003/Server2008 では付属されているミドルウェアをインストールすることで簡単に利用することが可能です。※飛天独自のミドルウェアをご利用いただいても簡単に利用可能です。

FIPS 140-2 Level3, Common Criteria EAL5+ モジュール搭載

ePass2003 USBトークンに搭載されているスマートカードチップは、暗号モジュールに関するセキュリティ要件の仕様を規定している米国連邦標準規格であるFIPS ( Federal Information Processing Standards) 140-2のレベル3に認定された信頼性の高いチップです。

スマートカードログオン対応

PC/SCに対応しているためスマートカードログオンの対応が可能です。リモートデスクトップ接続、シンクライアントへの利用が可能です。接続先は、WinXP/Server2003/Vista/Win7/Win8/Server2008すべてに対応

64KBユーザメモリ(2048bit鍵長証明書が最大9枚格納可能)

ePass2003 USBトークンでは64KBのユーザメモリを保有しているため、2048bit鍵長証明書を複数枚格納することが可能です。

ミドルウェアOpenSC、PKCS#11サポートによりLinux、Mac OS Xにも対応

OpenSC、PKCS(Public-Key Cryptography Standards)#11をサポートしていることにより、Linux,Mac OS,にも対応します。※飛天独自のミドルウェアをご利用いただいても簡単に利用可能です。

その他概要

USBキー[ePass2003 USBトークン]はミドルウェアをインストールするだけでMicrosoft Outlook, Internet ExplorerなどのMicrosoft CAPIやPKCS#11に準拠したPKIアプリケーションに対応し、電子メールの暗号化、デジタル署名、セキュア認証、VPN接続、SSLウェブサイト認証のアクセスなどに利用頂けます。

USBキー[ePass2003 USBトークン]は、スマートカード・チップの技術により複製が困難なため、安心して携帯頂くことができます。

また、VeriSign、Entrust、Betrustedなどの主要な認証局の電子証明書をはじめ、CheckPoint VPN-1、Cisco VPN3000、NetScreenなどの様々な製品をご利用される際の電子証明書や秘密鍵の格納に対応しています。

さらに、USBキー[ePass2003 USBトークン]は秘密鍵をUSBトークン内でオンボートで生成することができます。弊社が提供しているSDKを利用して、既存のセキュリティ・アプリケーションへの統合や、新規開発が容易に行えます。

区切り線

USBキー ePass2003 USBトークン利用事例

  • IEEE802.1xによる無線LAN認証
  • VPNアクセスのためにUSBトークンに電子証明書を格納しリモートアクセス
  • 業務アプリケーションへの認証・ログイン
  • S/MIMEなどによるメール暗号化

USBキー ePass2003 USBトークン製品特徴

  • FIPS140-2、Common Criteria EAL 5+(chip level)認定
  • キーペア(公開鍵・秘密鍵)直接内部生成可能
  • オンボードで公開鍵暗号   RSA1024/2048bit、ECDSA 192/256bitに対応
  • オンボードで共通鍵暗号   AES128/192/256bit、DES/3DESに対応
  • オンボードでハッシュ関数 SHA-1/SHA-2に対応
  • オンボードデジタル署名
  • 主要PKI暗号化アルゴリズムとスマートカードアプリケーションのサポート
  • ActiveXコンポーネントやJavaApplet によるアクセスのサポート
  • ICカードチップ搭載
  • 電子証明書の格納(USBトークン内で認証を行います。)
  • RoHS指令対応、FCC/CE認定取得

USBキー ePass2003 USBトークンの長所

各種規格の準拠
PKCS#11、MS CAPI、ISO 7816-3等、各種標準に準拠

優れた携帯性
USBキー[ePass2003 USBトークン]は動作中のPCでも抜き差し可能で、簡単に電子証明書を携帯することができます。

秘密鍵の安全なストレージ
大切な秘密鍵をPCで保管する必要がなく、秘密鍵をハッカーの脅威から保護します。

低コスト
USBキー[ePass2003 USBトークン]は通常スマートカードを利用する時のように、カードとカードリーダーをセットで準備する必要がなく、低コストを実現しています。

証明書管理
USBキー[ePass2003 USBトークン]は複数の秘密鍵・公開鍵の格納に加えて、ルート証明書や中間証明書をそれぞれ格納する事が出来ます。

容易な証明書管理

USBキー[ePass2003 USBトークン]に証明書を格納するには、ブラウザーから直接行う方法と、PCに保存された証明書ファイル(PFX、P12、P7B、CERなど)を付属の管理ツールを利用してインポートを行う方法があります。

ブラウザー経由の直接インポート
ブラウザー経由で証明書を発行した場合、直接USBキー[ePass2003 USBトークン]に格納する事ができます。

証明書を管理ツールから直接インポート
ePass2003 USB管理ツール(左図)では、証明書のインポート以外に、証明書の管理、PIN番号の変更、USBトークン名の変更、ロックの解除、USBトークンの初期化などを行う事ができます。

付属ツール類は日本語対応

USBキー[ePass2003 USBトークン]に付属する管理ツールやドキュメントは日本語に対応しております。

弊社取扱製品ePass2001 USBトークン製品との違いについて

  • ePass2001 USBトークンとePass2003 USBトークンのミドルウェアは互換性がありません。
  • 1台のパソコンでePass2001 USBトークンとePass2003 USBトークンを同時に接続して使用することは可能です。
    (それぞれのミドルウェアを事前にインストールする必要があります。)
  • ePass2001 USBトークンでは下記をサポートしておりません、ePass2003 USBトークンはサポートしています。
    Microsoft Windowsスマートログオン(リモートデスクトップ接続を含む)
    Microsoft WindowsリモートアクセスVPN
    (上記以外にもePass2001 USBトークンはPC/CSに直接アクセスするVPNアプリケーションには対応しておりません)

ePass2003 USBトークン製品仕様

対応OS Windows 2000
Windows XP(32/64bit)
Windows Server2003(32/64bit)
Windows Vista(32/64bit)
Windows Server2008(32/64bit)、Windows Server 2008R2
Windows 7(32/64bit)
Windows 8/8.1(32/64bit)
Windows 10(32/64bit)
Linux kernel 2.6.x (x86/x86_64)
MacOS X 10.6以降
対応規格 PKCS#11, Microsoft CAPI, X.509 v3 Certificate Storage, SSL, IPSec/IKE, ISO 7816-3 and 4 compliant, PC/SC, Cryptographic Service Provider(CSP),Microsoft Smart Card Minidriver(Card Module)
プロセッサー 8 bit
メモリーサイズ 64K
オンボード暗号化アルゴリズム RSA512/1024/2048, AES, DES, 3DES, SHA-1, SHA-2
消費電力 250 mW
動作温度 0 ~ 70 ℃
保存温度 -40 ~ 85 ℃
保存湿度 0 ~ 100% (結露なきこと)
コネクタタイプ

標準USB1.1 デバイス、USB2.0 インタフェースも利用可能。

USBオス Aタイプ

メモリデータの保存期間 10年以上
メモリのリライト 500,000 回以上
パッケージタイプ A1タイプ E5タイプ
寸法 58×19×9mm 23.7×17.3×7.5mm
画像
青、緑 黒、白
重量 5g 3g
ハードウェア認定 RoHS指令/WEEE指令、CE規格、FCC規格、FIPS 140-2認定
RoHS指令/WEEE指令、CE規格、FCC規格

ePass製品の『かんたんお見積り』及び『評価キット申し込み』をご利用頂けます。

ePass USBトークンかんたんお見積り
「ePass」製品をオンラインでお見積書及び注文書を自動的に作成致します。
ePass USBトークン 評価キット申し込み
「ePass」を具体的に導入をご検討されている方には無償の評価キットの貸出を提供致します。

製品に関するご質問はお気軽にお問い合わせください。

製品お問い合わせ
「製品お問い合わせフォーム」よりお問い合わせいただけます。
03-3668-6668
お電話でのお問い合わせも受け付けております。
受付時間 9:00~18:00(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

このページのトップへ